Piletest社 フィッシャーFreedom™コネクタ使用事例:低背形状、高耐久性、篏合が簡単なコネクタ・ソリューションを活用

Success Story
Piletest社は、土木構造物や建物を安定させる基礎工事で用いる杭打ちの試験装置パイル・エコー・テスターに、フィッシャーLP360™ 7極コネクタを採用しました。脆弱なコネクタ接続ではなく、フィッシャーコネクターズの使いやすく、システムに組み込みやすいコネクタ・ソリューションがシステムの性能と品質を向上させる要因になりました。

フィッシャーコネクターズと、土木用途における測定機器のリーダー企業Piletest社(piletest.com)の共同作業により、2018年に基礎工事に使用する杭打ち試験装置に頑丈で高信頼性のコネクタを適用するプロジェクトが始まりました。このプロジェクトの主要課題は、Piletest社が土木工事現場の過酷な環境で同社の杭打ち試験装置パイル・エコー・テスター(PET)に適用されていたコネクタを設計変更し課題解決することでした。適用されていたコネクタは、作業者が屋外の悪条件で使用する際に、耐久せず破損に至る事例があり、堅牢性を改善したい要求がありました。同社のPET最新製品には、フィッシャーFreedom™シリーズのLP360™ 7極コネクタが採用されました。選定理由は、高耐久性(着脱回数10,000回)とLP360™ 7極コネクタの低背形状が、堅牢性、エルゴノミクス設計、使いやすさというPiletest社の主要な要件に適合していたからです。Piletest's Pile Echo Tester (PET) integrating the Fischer LP360TM 7-pin connector

写真:フィッシャーLP360™ 7極コネクタを組み込んだPiletest社のパイル・エコー・テスター(PET)

機器の信頼性と耐久性

Piletest社では、PETを建設現場の過酷な条件で余儀なく使用しなくてはならないため破損に至る事例がありました。Piletest社の事業開発担当バイスプレジデントであるGadi Lahat氏は次のように述べています。「当社のユーザーは、多くの場合、PETをまるで石ころを扱うようにトランクに投げ込みます。また、水たまりやコンクリート表面に落下してしまうこともありますが、それでもユーザーはPETが正常に動作し続けて、1日に何百回もの杭打ち試験ができることを期待しています。PETは、全体がモールドでおおわれている設計であるため、コネクタが破損してしまうと工場で修理することができません。」したがって、Piletest社は、高耐久性のコネクタを探していました。

協働設計

Piletest社は、フィッシャーコネクターズと協働して、PETの性能と信頼性の厳しい要件に適合するコネクタ・ソリューションを設計しました。同社は、ケーブルアセンブリの構成部品に、フィッシャーFreedom™シリーズの中から新製品のLP360™ 7極コネクタを選択しました。この製品の高耐久性と低背形状という特徴により、堅牢性に加えて、エルゴノミクス設計と使いやすさも備えているからです。フィッシャーコネクターズは、Piletest社独自のコイル状USB 2.0ケーブルを使って一連の試作品を製作し、機械的および電気的要件をテストした後、フィッシャーFreedom™の標準USB 2.0対応ストレートケーブルを取り付けた加工品によるソリューションを開発しました。LP360™レセプタクルをPETのハウジングに容易に組み込めることも、設計プロジェクトへ採用を決定した重要な要因でした。

性能および使いやすさ

多くの作業者が、このPETのワイヤレスオプションを現場で使っています。フィッシャーLP360™は低背形状なので、PET本体が小型で、快適かつ容易に取り扱うことができます。充電または通信のためにケーブルを使うときは、LP360™コネクタの360度自由な嵌合、IP68保護、ブラインド嵌合、非磁性クイックリリース・ロック機構により、簡単にパチンとはめ込むだけでケーブルを接続して機器を使用することができるため、機器の損傷を防止できます。Gadi Lahat氏は、次のように述べています。「当社は、PET装置について多くの最先端ノウハウと技術を保有していますが、これまでコネクタは、「弱点」でした。新規採用のケーブルには十分な強度があり、ユーザーが建設現場のコンピュータから基礎工事の杭までケーブルを延ばしても耐えることができます。」LP360™がPETの性能を向上させたことによって、設計者もユーザーも仕事が楽にできるようになりました。

_____________

「フィッシャーFreedomコネクタ・ソリューションを選んだのは、作業者が屋外の悪条件で使用すると破損に至る事例があった従来のコネクタを置き換えなければならなかったからです。LP360 7極コネクタの低背形状、エルゴノミクス設計、プラグ&ユーズ・テクノロジ、耐久性といった特性は、泥、雨、極寒のツンドラ、砂漠などの過酷な環境で使われる当社機器の要件に完全に適合しています。」

Gadi Lahat氏、Piletest社事業開発担当バイスプレジデント

______________________

Piletest - Fischer LP360

プロジェクトの要点

プロジェクト概要

Piletest社の要請を受けて、フィッシャーコネクターズは、まず、Piletest社独自のコイル状ケーブルを使って試作品を製作しました。その後、電気的要件の試験のために2種類の試作品を作りました。Piletest社の要求事項は、2つありました。同社の設計技術者は、機器に容易に組み込めるソリューションを必要としていました。さらに、エンドユーザーの要求は、PETが堅牢でIP68保護を備え、完全に洗浄可能で、きわめて容易にコネクタの接続ができることでした。その結果、Piletest社は、フィッシャーFreedom™の充実したコネクタ・ソリューションを採用決定しました。構成内容は、LP360™ 7極プラグ USB 2.0対応ストレートケーブル加工品、LP360™ 7極レセプタクルでPETのハウジングに直接組み込むことができます。

主な課題:

  • 過酷な環境で高信頼性接続を確保
  • 屋外の悪条件での使用ができる高耐久性
  • プラグ&ユーズ・テクノロジにより取り扱いが容易な機器を実現

主要な技術的要件:

堅牢性、低背形状、耐久性、使いやすさ

ソリューション

採用された接続ソリューション:

LP360™ 7極プラグ ケーブル加工品、パネルマウント・レセプタクル(機器に直接組み込み)

事業上の利点

  • 建設現場の過酷な条件下で製品の品質および信頼性向上
  • 1日に何百回もの杭打ち試験が可能な高耐久性
  • プロジェクトコスト 対 プロジェクト・ライフサイクル比の改善により良好なコスト効率

logo Piletest

Further information