「過酷な環境で発揮されるコネクタの耐腐食性能とは?信頼性が重要な理由とは?」

White Paper: Corrosion
腐食作用は様々な問題を引き起こしかねません。フィッシャーコネクターズの新しいホワイトペーパーでは、よくあるタイプの腐食作用について詳しく説明するとともに、信頼性を高めるためのコネクタの選び方について解説します

White Paper - Corrosion

フィッシャーコネクターズのプロジェクトマネージャーであるジャック・ミエヴィルが執筆した、この新しいホワイトペーパーでは、どのような主要因を考慮すれば、使用環境の腐食レベルに最も適したコネクタを選択し、接続ソリューションの信頼性と耐久性を最大限に高めることができるかについて説明しています。

よくあるタイプの腐食作用の例としては、孔食、粒界腐食、すきま腐食のほか、応力腐食割れ、水素ぜい化などがあります。ここでは、腐食性の高い過酷な環境に耐えるために丸型コネクタで使われている耐腐食性材料およびコーティングに加え、海洋、食品、医療・製薬、石油・ガス用途向け推奨接続ソリューションについて詳しくご説明します。

  • ホワイトペーパー「過酷な環境で発揮されるコネクタの耐腐食性能とは?信頼性が重要な理由とは?」は、こちら[リンク]からダウンロードいただけます.