「フィッシャー光ファイバーセンサ」の新ホワイトペーパー

「フィッシャー光ファイバーセンサ」の新ホワイトペーパー
フィッシャーコネクターズが発行した光ファイバーセンサの新ホワイトペーパーはここからダウンロードできます。

フィッシャーコネクターズは、Fischer FiberOpticシリーズに単繊維光コネクタの新製品(FO1)を加えたのを機に、新ホワイトペーパーを発行しました。

White Paper - Fiber Optic Sensing

「Fiber optic sensing(光ファイバーセンサ)」と題するこのホワイトペーパーは、フィッシャーコネクターズでエンジニアリングプロジェクトリーダーを務めるJacques Miévilleが執筆し、ファイバー製品用センサの技術基盤、主な応用例および関連するケーブリングソリューションを概観しています。このホワイトペーパーの主な目的は、少ないメンテナンス作業で最も信頼でき、維持が容易なシステムを持つために、ケーブル配線ニーズのベストソリューションを規定するのに役立つ重要な要素を論じることです。

遠距離間で大量のデータをやりとりするツールとして、光ファイバーが理想的なソリューションであることは多くの人が認めるところです。しかし光ファイバーは環境関係の情報収集にも使うことができるのです。ファイバーに入った光の物理的性質は、変形や温度、そして音の影響を受けます。局所的に測定ポイントを設けたり、ファイーバー全体を遠隔測定したりする技術がいくつか実用化されています。これらの技術は、光ファイバーの中核物質との間に生じる光の波動特性および量子相互作用に依存しています。当社のセンサは、局所的測定ポイント形と、分散形センサに大別できます。

ホワイトペーパーをダウンロードするにはここをクリックします