SolarStratosはミッションクリティカルな接続担当に フィッシャーコネクターズを選択

Fischer Connectors joins SolarStratos as Official Partner
フィッシャーコネクターズは公式パートナーとしてSolar Stratosと提携

Fischer Connectors joins SolarStratos as Official Partner

公式パートナーとしてフィッシャーコネクターズは、SolarStratosチームとパートナーを組み、SolarStratos航空機に超堅牢でミッションクリティカルな接続ソリューションの設計、供給に関する専門知識を提供する役割を担います。

成層圏を有人ソーラープレーンが飛行するのはこれが初めてであり、SolarStratosは太陽エネルギーを推進力に使う史上初の2人乗り商業用航空機になります。世界的な影響力を持つこの意欲的なスイスプロジェクトは、太陽エネルギーの可能性を示し、将来(太陽光と電気を利用する有人、無人の)航空技術が実現したときに、新たな分野を開拓することになるでしょう。かつてソーラー船のPlanetSolar に乗船し、ソーラー船による世界一周が可能であることを証明したSolarStratosの創立者でパイロットのラファイエル・ドムヤン(Raphaël Domjan)が、経験豊富な専門家とパートナーによる国際チームのサポートを受けて、この勇気ある冒険を率います。

ソーラープレーンのSolarStratosは、翼長24メートル、胴体長8.5メートル、重さ350kgで、推進力はリチウムイオン電池を補助電源とした太陽エネルギーだけでまかなわれます。この飛行機はスイスで設計、製造され、今年5月5日にスイスのパイェルヌで処女飛行を成功させています。

SolarStratosの最初の「寄航地」はカナダのモントリオールです。当地で開催されるーザンソーラーフェスティバルおよび のゲストスターとして、6月15日~22日の間滞在します。イベントのクライマックスは、セントローレンス川上空のエキジビション飛行です。成層圏飛行は2019年には実現する見込みですが、その前年の2018年には試験と記録の作成が行われる見通しで、商業活動の開始は2020年になる予定です。

宇宙空間との境目は、-70℃という低温と、放射線にさらされる劣悪な環境にあります。スイスに本拠を置くフィッシャーコネクターズの、堅牢な接続ソリューションを中心とする革新的テクノロジーは、極限環境下で高い信頼性を発揮すること、軽量性と高性能の最適なバランス、長距離間での大量データ送信能力およびカスタマイズされた設計といった実績が認められてSolarStratosに選択されました。フィッシャーコネクターズの技術サポートチームは、SolarStratosチームと緊密に連携し、理想的なソリューションの設計と提供を行いながら確実なミッションの成功を図っています。

フィッシャーコネクターズのジョナサン・ブロサールCEOは、次のように語ります。「フィッシャーコネクターズとSolarStratosには多くの共通点があります。両者とも可能性の限界と考えられる一線を越えて前進することに、また人間の限界を引き上げることに情熱を注ぐ改革のパイオニアです。当社は地域で、また全世界で多くのパートナーと協力して、スイスの高性能技術を利用するとともに、再生可能エネルギーに情熱を注ぎ、将来の航空機を再開発する試みを続けています。私たちはSolarStratosとの関係をパートナー以上であると考えています。熱烈なファン同士なのです。

詳細情報: