Skip to main content

RoboNation

Robonation partnership

将来のロボット工学の発展は、将来のエンジニア育成から始まると当社は考えています。

2017年から2018年まで、フィッシャーコネクターズは、あらゆる年齢層にわたる将来のロボット工学者、エンジニア、科学者を誘引し、激励し、育成するRoboNationのパートナーでした。当社はパートナーシップを活用して、STEM教育プログラム、ロボットに関する競技会を支援し、次世代の無人輸送システム技術の発展に寄与しています。

パートナーシップ

専門知識を持つフィッシャーコネクターズの技術者は、接続の概念を一新することに情熱を傾ける一方、並みならず競争心を抱いており、当社がRoboNationの競技会に参加するチームを支援するのは当然のことでした。当社はパートナーとして、学生たちが競技会での受賞を目指し、ボート、潜水艦、レーシングカー、ドローンなど、無人輸送機の設計製作方法を発見するように助力しました。

2017年には、国際的なRoboSub競技会を支援しました。これは、実用的なROV(遠隔操縦型水中探査機)を一から設計製作する大学レベルの競技会です。

競技参加チームに対する当社の支援例:

  • コネクタおよびケーブルアセンブリ
  • 接続に関する技術指導、設計助言
     

プロジェクト

RoboNationは、国際無人機協会AUVSIによって創設されたオンラインコミュニティです。RoboNationは、当社をはじめとするパートナーの支援を受けて、あらゆる年齢層の聡明な頭脳が無人輸送システムやロボット工学について学ぶための、魅力ある教育プラットフォームを生み出すことを目指しています。

毎年、RoboNationは、一連の教育プログラムの他にロボット競技会も実施しています。学生たちが、STEM教育の成果を教室の外で応用して、社会で活躍する準備ができるようにするためです。

効果

フィッシャーコネクターズは、RoboNationのような団体とのパートナーシップを通じて将来の労働力に投資しています。当社は、専門知識と想像力とイノベーションの強力な結合が重要だと考えており、将来のロボット工学を形成する次世代の製作者、クリエーター、エンジニアを育成しています。

「北米において、フィッシャーコネクターズは、以前から大学と協力して、ロボットなどの競技会に参加するチームを支援してきました。コネクタの成功事例について、その中でも当社が提供する堅牢なソリューションについて、勉強中の若いエンジニアが理解するためのお手伝いをしています。RoboSubへの支援は、このような形式ばらない支援に由来するものでしたが、そのおかげで米国に加えて他の国でも、より多くのエンジニアを支援できるようになりました。」– リサ・ガードナー、フィッシャーコネクターズ社 マーケティング コミュニケーション マネージャー