Skip to main content

sensors-me-messsysteme

2021年3月4日

振動にさらされても高信頼性でデータ転送


機器やシステムの正常な動作を維持するために、軸部分に加わる力やトルクは常態監視の必要があります。高信頼性で実績のある手法のひとつが、ひずみゲージ法です。近年センサの小型化が進行し、使用するコネクタも適合するような小型化の要件があります。また機器やシステムの運用中に振動する状態でにあっても、データ転送は安定していなければいけません。このため、ME-Meßsysteme社は、同社のセンサ製品にコンパクトで堅牢性に優れたフィッシャーコネクターズのMiniMax™シリーズを採用しています。非常に小型化されていて機械振動にも強く、IP68規格に準拠した防水性能を備え、着脱も非常に簡単です。

>> 成功事例全文は こちら (主要課題、ビジネスチャンス、設計プロジェクト、ソリューションなど).

ME-Meßsysteme社の6軸フォース・センサには、高度な機能と信頼性を備えたFischer MiniMax™ シリーズのMP11コネクタが採用されています。