Skip to main content

社歴

Our history

1954年以来、当社は、接続の概念を一新してきました。

フィッシャーコネクターズは、意欲的なアイデアから始まりました。

創業者ウォルター・ワーナー・フィッシャーの「もしも~だったら?」という疑問から、世界初の高品質密封丸型コネクタが生み出されて当社は始まりました。それ以来、当社の従業員は、革新性という創業の精神を守り続けて、世界中のお客様のためにコネクティビティの課題解決を成功に導いています。

企業家精神、卓越、革新性が、当社のDNAに組み込まれています。過去60年の間に当社は、コネクタ供給業者から、コネクティビティに関する世界的パートナーに発展しました。当社が信頼できるエキスパートとして世界的に名声を頂いたのは、その画期的な技術、要件に適合したソリューション、協力的なカスタマーサービスによるものです。

当社は、お客様とともに進化し続けるでしょう。しかし、お客様によって当社が導かれる一方で、歴史もまた当社を方向づけて導いています。当社は、原点となる先駆性とお客様のニーズの両方からアイデアを得て、未来を創造するソリューションをお客様とともに作り出しています。

Our history - callout

 

60年にわたる顧客主導イノベーション

1950年代 W.W.の創業Fischer

1954年、リヒテンシュタイン出身の真空技術専門家、ウォルター・ワーナー・フィッシャーは、スイスのモルジュのガレージでW. W. フィッシャー を創業しました。企業家であるフィッシャーは、市場のニーズを分析し、常に顧客を考えながら、工業用途向けに設計された、初の高品質密封構造の丸型コネクタを開発しました。

1960年代 初期の成功

1962年に同社は、プッシュプルロックシステムの国際特許を出願し、1964年には世界初のハーメチックコネクタを開発しました。

1970年代 イノベーションによる成長

1970年に、初のステンレススチール製品を生産し、1975年には、顧客からの需要の高まりに対応するため、スイスのアプルに新しい製造工場を開設しました。

1980年代 近代的な産業プロセス

同社は、継続的な品質向上を目標として掲げ、最新鋭の産業技術に投資して生産プロセスを近代化しました。  また、海外への進出を開始し、1988年に英国に子会社を設立しました。

1990年代 地理的および技術的な新市場の開拓

W.W.フィッシャー社は拡大し続け、欧州(ドイツ、イタリア、フランス)および米国に子会社を設立しました。1996年には、事業継続と新しい勢いを吹き込むため、創設者の息子のピーター・フィッシャーに経営が引き継がれました。技術革新も引き続き進められ、初のプラスチックシリーズがリリースされるとともに、1993年にはISO 9001認証を取得しました。

2000年代 グローバルな接続性の時代

世界的な需要の高まりによって生み出された好機をつかみ、それに伴う課題に対応できるようにするため、社名をフィッシャーコネクターズに変更しました。

同社は、地理と技術の両面で多様化をさらに進め、2000年に香港に子会社を設立するほか、2008年には Fischer Core Series AluLite™シリーズなどの新製品をリリースしました。

需要の拡大に対応するため、フィッシャーコネクターズは、最先端の世界本社と超近代的な製造工場に投資して、2008年にサン=プレに移転しました。

2010年代 市場重視の技術革新

2010年:小型軽量と同時に信頼性と堅牢性を求めるお客様のニーズに応えるため、Fischer UltiMate™シリーズをリリースしました。

2011年:機密データの安全な保管のための堅牢なUSBスティック、Fischer Rugged Flash Driveをリリースしました。

2012年:同社は、アジアのお客様により良いサービスを提供するため、また研究開発機能に継続して投資するため、インドに子会社を設立しました。また、高密度、小型、高速データ通信に対する市場ニーズの高まりに応えるため、小型化されたFischer MiniMax™シリーズおよびきわめて堅牢性の高いFischer FiberOptic シリーズをリリースしました。

2014年: 従業員、お客様、パートナーとともに60年間にわたって接続の概念を一新し続けてきたフィッシャーコネクターズは、創立60周年 を迎えました。

2016年:創業者フィッシャー家の一員であるジョナサン・ブロサールが、会社のトップであるグループCEOに任命されました。

2018: 画期的な接続技術による新しいFischer Freedom™シリーズ(シリーズ最初のコネクタFischer LP360™)をリリースしました。この軽量で360°自由に嵌合可能な技術は、着脱、清掃、組込みが用意であるため、エンドユーザーと設計技術者の生活を便利にすると同時に、ウェアラブルなエコシステムのニーズに適合しています。