Skip to main content

Wearable Technologies

Partnership WTL - Fischer Connectors

エレクトロニクスとIoTにおける作業者管理の画期的なソリューション

フィッシャーコネクターズは、お客様やパートナー企業と密接に連携し、使いやすく、お客様の電子機器に組み込みやすい画期的なコネクティビティシステムを設計し、新たなニーズに迅速に対応することを目指しています。

当社は、英国に本社がある、産業用コネクテッド・ワーカー・プラットフォームの革新的サプライヤー Wearable Technologies Ltd. (WTL) との提携を通じて、コネクティビティの概念を一新するとともに、ウェアラビリティおよびモノのインターネット(IoT)、スマート衣服のトレンド、さらには、石油およびガス、建設、ユーティリティ、運輸などのさまざまな業界でのIIoT(産業用モノのインターネット)アプリケーションのトレンドに対応しています。

WTLのスマート衣服アプリケーションは、より多くのウェアラブル技術を簡単に衣服に組み込むというトレンド、すなわち「スマート化」の一環です。これにより、電子機器およびコネクティビティソリューションの利用を簡素化すると同時に、マンマシンインターフェイスを改善し、究極的には作業者の安全性と組織の効率が向上します。

パートナーシップ

製造業におけるコネクテッドワーカーの世界で生じている重要な課題は、ガス残量、騒音レベル、ワーカーの状態管理の測定に使用するセンサ機器には、個々の機器にバッテリーと通信機能が内蔵されている場合、重量とサイズが大きく複雑かつ高価であることが挙げられます。これらが一因となり製造業におけるコネクテッドワーカーソリューションの普及が進んでいません。

WTLとフィッシャーコネクターズは、この問題の解決の一助となるよう協力し、使いやすく、安全性が向上し、本質的にエンドユーザーの負荷を軽減する、費用対効果の高いウェアラブルソリューションを設計することを共通目標としています。作業者の衣服に取り付けられた各センサ機器を、パチンと取付けるだけてすぐに使用できるプラグ&ユーズ コネクタ経由で電源および通信回路の集中ハブに接続することにより、個々の機器はバッテリーおよび通信回路を内蔵する必要を無くすことができます。スマート衣服が中心的なハブとして働くので、これらすべての電子機器は、複雑さが低減され、小型軽量で安価になります。同様に、これによって、各作業者がより多くのデバイスを身に付けることができて、作業者の労働状態をリアルタイムでより完全に把握できるようになります。

フィッシャーコネクターズとWTLの技術的パートナーシップは Fischer Freedom™ シリーズの産業用市場における利用簡素化の進展に関連して、2018年に開始しました。WTLは、このシリーズ最初の製品である、堅牢で低背、軽量、多用途なコネクタFischer LP360™は、ポータブル機器型およびウェアラブル機器を、軽量が要求されるエコシステムにシームレスに組み込むことができるので、潜在的なニーズがあると考えました。 

Smart Vest WTL with Fischer Freedom Series
Fischer LP360™ コネクタがこのようなアプリケーションに選ばれたのは、以下に示すような特徴があるからです。

  • プラグ&ユーズコネクタはパチンと取付けるだけてすぐに使用可能で、篏合の方向に制約されず使いやすい360°嵌合により、スマート衣服の電子回路および通信機能は、使い勝手が良く、クリーニングおよびメンテナンスが容易で、人間工学的に優れ、着心地が良く、軽量で、迅速な装着が可能となります。使用する作業者は、シフト開始時に時間を節約でき、現場での作業に自由度が高まります。
  • 多様で困難な環境で稼働するアプリケーションに容易に組み込むことができ、ケーブル不要のシステム構成を適用すればケーブルの接続に煩わされることがなく、ポータブル機器およびウェアラブル機器のエコシステムを通じて電源供給とデータ転送を簡素化できます。
  • 柔軟性の増大により重量とスペースの削減が可能です。内部配線を施した衣服は、ハブとして動作し、さまざまな装着デバイスへ電源供給する集中型バッテリーが構成できます。これにより、個々の機器のバッテリーや関連部品の必要性を低減します。
  • ケーブルを削減または廃止すれば、ウェアラブル機器の設計製作コスト削減に寄与します。

当社とWTLとの技術的パートナーシップは、技術的専門知識、イノベーション、経験、さらにはコネクティビティソリューションの見識を共有し、ウェアラブル技術における可能性の限界を一新します。  

プロジェクト

WTL独自の産業用モノのインターネット(IIoT)アプリケーションは、Fischer LP360™ 4極コネクタを組み込み、オープンで発展的な産業用ワーカープラットフォーム(Eleksen™)に適用しています。これは、さまざまなポータブル機器、ウェアラブル型の通信機器、センサデバイスを作業者の衣服に直接装着できるようにして、装着する各機器間の接続ならびに作業車間や管理システムとの通信へ広がります。これにより、リアルタイムの状態監視を通じて分析することが可能になり、現場での専門的作業者の安全性を向上させることができます。

Fischer Freedom™ Series WTL IIot Infographic

複数個のFischer FreedomシリーズFischer LP360 4極コネクタをWTLのスマート衣服Eleksenに組み込んでいます。これは、コネクテッド・ワーカー・プラットフォームで、さまざまなポータブル型およびウェアラブル型の通信機器やセンサデバイスを着用した作業者と、監督者、現場事務所、制御室とを相互接続するものです。このコネクティビティ・エコシステムは、装置全体が軽量になり、迅速に装着でき、混乱や面倒を低減するように様々な工夫が可能です。

一連のセンサおよびデバイスがこの衣服に付けられていて、複数の作業者の健康状態、体調、潜在的に危険な環境や状況(たとえば、騒音、ガス、振動、危険物の接近、衝突)さらに、生体情報その他の入力情報について、リアルタイムでの監視およびデータ分析を実現しています。データを一括収集し、指定したすべての作業者のデータを同時にリアルタイムで表示する表示装置に送られます。

スマートワーカープラットフォームを使えば、連続的に収集されているデータの取得を最適化して、予知的な安全性向上および生産性向上に役立てることもできます。リアルタイムの警告、報告、コンプライアンスデータを迅速かつセキュアに取得して保存した後に、ユーザー組織がそれを検索して分析し、パターン、トレンド、原因、効率化の可能性を見つけることができます。

コネクティビティソリューション

Fischer LP360 4極コネクタを複数個使用し、I3Cバス、USB 2.0、Ethernetなど、さまざまなデータバスに対応した電源供給と信号伝送を行うことができます。従来丸形コネクタに適用される篏合方向を決定するキーコードがないため、使いやすい360°嵌合が可能です。保護等級IP68の防水性能と保護膜で構成したコンタクトにより、クリーニングが容易です。低背形状であるため、コネクタを衣服に組み込んで、複数の機器を共通のデータおよび電源バスに接続しハブの構成が可能です。Fischer Freedom Series - integrability and usability

このようなバスにより、外付け配線や分岐ケーブルが不要になります。このコネクタのレセプタクルとプラグのエコシステム構成を以下に示します。

  • レセプタクルは、ベストに縫い込まれており、デバイスに対して電源供給と信号伝送を行うバスにつながっています。接続されたすべてのセンサデバイスには、電源が単一のバッテリーパックから供給されます。
  • 作業者や管理システムは、シフトごとに、プラグのインターフェイスが付いたセンサデバイス、ライト、カメラ、その他の安全および通信に必要な機器の中からどれを使うかを選択してレセプタクルに篏合し取り付けます。 各機器は作業者のスマート衣服経由でバスに接続します。スマート衣服に対応するプラグが機器に直接組み込まれているので、ケーブルを使わずに接続可能です。

WTLのスマートワーカーソリューションについては、エレクトロニカ2018のフィッシャーコネクターズブースでWTLのCEOであるマーク・バーンスタインが説明するビデオをご覧ください。

効果

フィッシャーコネクターズのソリューションの使いやすさ、組み込みやすさ、および多用途性により、WTL独自のIIoTシステムには、以下に示すような利点があります。

  • 作業者にとっては、スマートベストおよびコネクテッド・プラットフォームを利用することにより、健康と安全が保護され、動作の自由度が向上。
  • 設計技術者にとっては、ウェアラブル機器の設計製作の簡素化および迅速化。
  • 組織にとっては、長期的な作業者の労働安全衛生問題に対する深い洞察の獲得、教育訓練の必要性の特定、生産性向上、企業リスク低減。

このプロジェクトは、フィッシャーコネクターズがパートナーと密接に協力して新しいコネクティビティ・ソリューションを見つけることにより、医療、防衛およびセキュリティ分野など広い範囲にわたるお客様向けのIoTおよびIIoTアプリケーションの新しい魅力的な機会を切り開いたことを示しています。

Wearable Technologies Ltd.とともに、当社はエレクトロニクスの未来を創造する人間中心の次世代エコシステムを生み出します。